頭皮ニキビ治療ラボ|皮膚科も奨めるかゆみ炎症の治し方

頭皮ニキビ治療は地肌力の回復がポイントです。皮膚科でも頭皮のバリア機能を取り戻す正しいケ アを行うことを指導されます。いくら専用のシャンプーを使ってもニキビが治らない、かゆみや湿 疹が続いている方は効果的な頭皮ニキビの治し方を学びましょう

*

頭皮ニキビはこうして起こる!原因をよく知ろう

      2016/09/29


頭皮ニキビは文字通り頭皮に出来てしまうニキビのことです。

ニキビは顔や体だけでなく、頭皮にも出来てしまうことがあります。
頭皮にニキビが出来てしまう原因としては、幾つかあります。

順を追ってご説明して行きますが、まずはシャンプーやリンスの影響についてお話いたします。

シャンプーやリンス、そのものが合っていないことが頭皮ニキビを招いてしまうこともありますし、洗い方が悪くて頭皮ニキビに繋がってしまうこともあります。

自分に合っているシャンプーやリンスを使うことはもちろん、洗髪方法についても見直しておくと良いです。

頭皮は皮脂の分泌の多い場所です。お手入れを間違えてしまえばニキビができます。

ストレスやホルモンバランスの乱れなどによる影響だけでなく、もっと直接的な原因も影響していますので、頭皮ニキビが気になるのであればシャンプーやリンスなど髪や頭皮に使用している物はもちろん、洗い方についてもキチンと見直しておきましょう。

皮脂や汚れをキチンと落とすことはもちろん、清潔に保てるように雑菌が繁殖しにくいお手入れをしていくことが必要です。

シャンプーを選ぶときには、頭皮ニキビが気になるからといって洗浄力の強すぎるものを選ぶのは避けましょう。

洗浄力の強すぎるシャンプーを使ってしまうと、皮脂の落としすぎによって過剰な皮脂分泌を招くことがあるからです。

 

リンスや整髪料は地肌に刺激が強い

皮脂は頭皮を守る役割もあります。落とせば良いというものではありません。適度に汚れを落とせるシャンプーを選びましょう。特にリンスは地肌に刺激が強いので、直につけるのは避けてください。

頭皮に使って良いタイプのリンスやトリートメントでない限り、髪の毛につけて頭皮にはつけないようにするのが基本です。

わたし達が思っているより、頭皮についてしまうと落としにくいものです。ですから、なるべくつけないように努力してみましょう。

整髪料などについても注意が必要です。頭皮ニキビの原因にならないように肌質に合っているものを選ぶのはもちろん、頭皮につけないように使うようにしましょう。

洗髪ではすすぎが重要です。予洗いで落とせる汚れを落とすのはもちろん、すすぎでしっかりとシャンプー剤などを落とすようにしましょう。

髪の毛が濡れた状態でいると雑菌が繁殖しやすくなります。ドライヤーを使ったり、タオルドライをしっかり行うなどして、手早く乾かすように心掛けましょう。

それでは他の原因についても触れて参ります。

 

 

 - 頭皮ニキビの原因

  関連記事

no image
乾燥肌が及ぼす頭皮のトラブル

頭皮ニキビができてしまった時には、乾燥を改善するためのケアを行ってみるとよいでし …

no image
オイリー肌はこうして頭皮ニキビが作られる

オイリー肌の頭皮ニキビは、過剰な皮脂分泌により毛穴に汚れが詰まりやすくなっていま …