頭皮ニキビ治療ラボ|皮膚科も奨めるかゆみ炎症の治し方

頭皮ニキビ治療は地肌力の回復がポイントです。皮膚科でも頭皮のバリア機能を取り戻す正しいケ アを行うことを指導されます。いくら専用のシャンプーを使ってもニキビが治らない、かゆみや湿 疹が続いている方は効果的な頭皮ニキビの治し方を学びましょう

*

頭皮の構造と特徴、各部位の役割について

   


頭にできたニキビを治すには頭皮の構造について理解することが必要です。

基本的には他の部位の皮膚と大きな違いはありませんが、幾つか特徴的なものがあります。その一つは「抜け毛」ですがこちらについても若干触れながらご説明いたします。

頭皮は大きく分けて、3つの層から出来ています。上から表皮、真皮、皮下脂肪または皮下組織といいます。それぞれまったく異なった構造をしています。

これらの3つの層は互いに協力しながら一つの機幹として機能しています。表皮は切っても血が出ない厚さの層で、人の表皮は平均0.1ミリメートルほどの厚さになります。

表皮の下には真皮があります、これの厚さは2ミリメートルほどですが、その約70パーセントがコラーゲンという膠原繊維でできています。

このコラーゲンと5パーセントを占めるエラスチンという弾性の繊維が網の目上にはりめぐっているので真皮は弾力性があり肌も伸び縮する事が出来ます。

しかし、このコラーゲンとエラスチンは年齢と共に減っていきます、これがしわやたるみの原因になります。

これらの繊維の間を埋め尽くすように存在しているのがヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は水分を大量に含む為にヒアルロン酸が多いとみずみずしい肌になります。ただ、これもまた年齢と共に減って行く為に肌の水分も減っていきます。

その他にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をすくい出している繊維が細胞、皮脂を分泌する皮脂腺、汗を分泌する汗腺などが真皮を形成しています。

表皮とその下の真皮との境目はでこぼこで、薄い規定膜の一枚で隔てられています。

真皮側から見た出っ張りの部分に毛細血管が入り込んでいて表皮を作る細胞が分裂し増殖していくための栄養分を供給しています。

このでっぱった部分を真皮乳頭といいます。毛髪の場合も同じように毛胞の下のほうにでっぱった部分が存在します。

この部分を毛乳頭といいます、毛髪を作る毛の細胞が分裂や増殖して行く為の栄養分を供給しています。

何らかの原因でここの部分に変化が起こることにより、毛髪が育たなくなります。

頭皮だけがもつヘアーサイクル

因みに、頭皮には毛幹があり、毛球の細胞分裂が停止して角化して毛根が毛乳頭から離れることによって、毛包とともに上方に移動してやがて脱毛します。
これをヘアーサイクルと呼びます。

このサイクルには頭皮の毛乳頭が一番重要な役割を持ち、毛乳頭が死んでしまいますと、発毛は期待できなくなります。

育毛剤などをよく使っても毛乳頭が存在しませんと、発毛しないという事がわかります。

毛髪は頭皮の表層部になります。頭皮の変化によって出来た物と考えられています。

皮膚と同じようにメラマサイトもあるのが特徴的です、メラミンを生成して、それが毛髪中に混ざって生えてくるため黒髪が生えてくるわけです。

表皮の角質の層がいずれ垢となって剥がれていくのも頭皮の構造の特徴といえます。

 

 

 

 - 頭皮の仕組み

  関連記事

no image
頭皮のターンオーバー周期が崩れる前兆

頭皮のターンオーバーとは、角質細胞が皮膚の深部から表面に押し出されて、剥がれ落ち …