頭皮ニキビ治療ラボ|皮膚科も奨めるかゆみ炎症の治し方

頭皮ニキビ治療は地肌力の回復がポイントです。皮膚科でも頭皮のバリア機能を取り戻す正しいケ アを行うことを指導されます。いくら専用のシャンプーを使ってもニキビが治らない、かゆみや湿 疹が続いている方は効果的な頭皮ニキビの治し方を学びましょう

*

ヨクイニン(ハトムギ成分)内服薬の特徴

   


101007_1318~0001

肌トラブルに効果があると言われている内服薬のヨクイニンですが、どういった特徴を持っているのでしょうか。

内服薬のヨクイニンは、ニキビの薬として用いられ、あらゆるニキビの種類に対応しています。

赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ、ニキビ跡で、部位もおでこ、鼻、頬、耳、口、あご、頭皮、背中、胸、首、二の腕、お尻とたくさんの部位に効果があるのです。

そんな内服薬のヨクイニンは、ハトムギが主成分となっている漢方薬となっていまして、根本的なニキビの治療に向いていると言われています。

何故、そうなるかと言いますとヨクイニンを摂取する事で、肌の新陳代謝が活発になると言われていまして、肌のターンオーバーが正常となり、ニキビを表面で隠すのではなく、根本から発生させないように改善させてくれるのです。

このような特徴がありますので、内服薬を摂取したからといって、すぐに改善される訳ではなく、徐々に効果があらわれ、治してくれるのです。

ですから、即効性があるとは言えないので、その点は覚えておきましょう。

内服薬ですから、副作用が気になる所ですが、元々漢方薬として使われていたものですので、副作用を心配する必要はありません。

しかし、原料であるハトムギに利尿作用がありますから、長時間トイレに行けない時やトイレが近い人はヨクイニンを摂取する時は、そこら辺の事も考えておきましょう。

元々内服薬のヨクイニンの原料であるハトムギは、古くから肌に良い薬草と言われていました。

ニキビの改善だけではなく、肌荒れや乾燥肌の改善や美肌効果もありますし、保湿作用もありますからヨクイニンをパックにした美容方法もあるそうです。

このように副作用があまりなく、肌に良い効果を持っているハトムギを使った漢方薬が内服薬になったものですから、気軽に利用できます。
ニキビで困っている人は、表面だけを良くする塗布薬だけではなく、根本から治療するために、この内服薬を使ってみてはどうでしょうか。

 - 治療薬

  関連記事

aldactone
アルダクトンのニキビへの効果

内服薬のアルダクトンAは製品名であり正式な成分名はスピロノラクトンとなるものです …

minomai
ミノマイシン(抗生物質)の使い方

ミノマイシンは感染症の治療薬として、長い間使われてきた抗生物質のひとつです。 タ …

ruri
ルリッド錠(マクロライド系)の効果

ニキビというものは非常に厄介なもので、できやすい体質の人などはこのニキビのことに …

dhiferin
塗り薬ディフェリンの性質

頭皮は、皮質分泌量が多いため、人によっては常に脂ぎっている方がいます。 毎日髪を …

crinda
内服薬クリンダマイシン(ダラシン)について

多くの女性にとって、肌のトラブルは美容にも大きな影響を与えるため、肌荒れやニキビ …

genta
ゲンタシン(アミノグリコシド系)の使い方

ゲンタシンは、虫さされ・あせも・湿疹などの皮膚病や、ヘルペスなどの皮膚の感染症な …

aqa
アクアチム軟膏の特徴

アクアチム軟膏は病院での処方箋が必要になる塗り薬の一種で、色々なニキビに効能が確 …

rinde
リンデロンVGの頭皮に対する効果について

頭皮ニキビ以外にも効果があるリンデロンVG ニキビで悩んで皮膚科に通う方も多いの …

脂漏性皮膚炎の薬、ニゾラールやステロイドの役割と効果

鼻の周り、胸元、わきの下、太もも、そして頭皮・・・。 なぜここに?というところに …

tarashin
ダラシンTゲル(リンコマイシン系)の使い方

頭皮ニキビは、様々な原因で発生することになります。一般的な原因にはストレスや睡眠 …