頭皮ニキビ治療ラボ|皮膚科も奨めるかゆみ炎症の治し方

頭皮ニキビ治療は地肌力の回復がポイントです。皮膚科でも頭皮のバリア機能を取り戻す正しいケ アを行うことを指導されます。いくら専用のシャンプーを使ってもニキビが治らない、かゆみや湿 疹が続いている方は効果的な頭皮ニキビの治し方を学びましょう

*

ゲンタシン(アミノグリコシド系)の使い方

   


genta

ゲンタシンは、虫さされ・あせも・湿疹などの皮膚病や、ヘルペスなどの皮膚の感染症などを治癒する働きを持つ、アミノグリコシド系の抗生物質です。

殺菌作用が強く、抗菌効果があるため、病院で皮膚病の診察を受けた時に軟膏薬として処方される場合が多くあります。

病院ではゲンタシンと内服薬の抗生物質を一緒に処方されることがあり、ゲンタシンを患部に塗り、抗生物質を内服することで症状を抑えやすくします。

アミノグリコシド系の抗生物質は、内服薬として使用できないため、内服薬として使用できる抗生物質を同時に取り入れることで、患部を効果的に治療します。

市販薬もあるため手に入れやすくなっています。ステロイドを含んでいないので、デリケートな場所にも安心して使うことができるでしょう。

ニキビ薬としても効果があり、ゲンタシンの殺菌作用によってニキビ菌を殺菌し、治療します。

顔にも安心して使うことができるので、洗顔をしっかりと行い、肌を清潔にしたあとにゲンタシンの軟膏薬をニキビに塗ると効果的です。

擦り傷や切り傷などの治療にも効果があります。擦り傷や切り傷は、消毒液をつけるだけで、放っておいた方がいいというように言われていたこともありました。

しかし今では、かさぶたの下に溜まる体液が治癒を早める効果があることがわかり、傷口にゲンタシン軟膏を塗って絆創膏で守るのが一番良い治療法だとされています。

市販されているゲンタシンの軟膏薬にはワセリンが含まれているため、塗り心地もなめらかで患部に塗りやすくなっています。臭いもないので非常に使いやすい薬でしょう。

使用する際は、広範囲や適量を超えての塗布は控えなければいけません。抗生物質ですから、長期的な使用もよくありません。

限度を超えた使用を続けると、内耳神経や腎臓などに副作用が出て、耳鳴りや腎障害を起こす可能性もあります。

また、アレルギーや妊娠中の方は必ずお医者さんの診断を受けてから使用するようにしましょう。

 - 治療薬

  関連記事

aqa
アクアチム軟膏の特徴

アクアチム軟膏は病院での処方箋が必要になる塗り薬の一種で、色々なニキビに効能が確 …

dhiferin
塗り薬ディフェリンの性質

頭皮は、皮質分泌量が多いため、人によっては常に脂ぎっている方がいます。 毎日髪を …

crinda
内服薬クリンダマイシン(ダラシン)について

多くの女性にとって、肌のトラブルは美容にも大きな影響を与えるため、肌荒れやニキビ …

aldactone
アルダクトンのニキビへの効果

内服薬のアルダクトンAは製品名であり正式な成分名はスピロノラクトンとなるものです …

ruri
ルリッド錠(マクロライド系)の効果

ニキビというものは非常に厄介なもので、できやすい体質の人などはこのニキビのことに …

tarashin
ダラシンTゲル(リンコマイシン系)の使い方

頭皮ニキビは、様々な原因で発生することになります。一般的な原因にはストレスや睡眠 …

101007_1318~0001
ヨクイニン(ハトムギ成分)内服薬の特徴

肌トラブルに効果があると言われている内服薬のヨクイニンですが、どういった特徴を持 …

minomai
ミノマイシン(抗生物質)の使い方

ミノマイシンは感染症の治療薬として、長い間使われてきた抗生物質のひとつです。 タ …

rinde
リンデロンVGの頭皮に対する効果について

頭皮ニキビ以外にも効果があるリンデロンVG ニキビで悩んで皮膚科に通う方も多いの …

脂漏性皮膚炎の薬、ニゾラールやステロイドの役割と効果

鼻の周り、胸元、わきの下、太もも、そして頭皮・・・。 なぜここに?というところに …