頭皮ニキビ治療ラボ|皮膚科も奨めるかゆみ炎症の治し方

頭皮ニキビ治療は地肌力の回復がポイントです。皮膚科でも頭皮のバリア機能を取り戻す正しいケ アを行うことを指導されます。いくら専用のシャンプーを使ってもニキビが治らない、かゆみや湿 疹が続いている方は効果的な頭皮ニキビの治し方を学びましょう

*

アクアチム軟膏の特徴

   


aqa

アクアチム軟膏は病院での処方箋が必要になる塗り薬の一種で、色々なニキビに効能が確認されています。

主に皮膚科でニキビの問題を相談した場合に定番として処方される難航と言えばアクアチム軟膏なのです。

効果があるとされているのは赤ニキビと呼ばれるニキビの最終段階です。既に可能や炎症を起こしている状態において効果を発揮する薬なのです。

この赤ニキビというものは様々な原因が知られていますが、皮脂の分泌が良すぎるということを原因として発生する事が知られています。

皮脂が多く出ることによって毛穴が詰まり、そこに皮膚にもともと存在しているアクネ菌が繁殖してしまうことで毛穴に炎症が起きるのです。

この様な赤ニキビに特に効果を発揮するのがアクアチム軟膏という塗り薬なのです。

このアクアチム軟膏というのはこの赤ニキビを発生させる菌であるアクネ菌を殺菌することを目的にしているもので、いわゆる抗生物質です。

そのため赤ニキビ専用の塗り薬とも言えます。とは言え、塗り薬としての効果は個人差がかなりあることでも知られています。

体質に合い劇的な改善を見せる人もいれば、却って皮膚を傷つけてしまい悪化するということもあるのです。そのため実際に使用して効果が感じられない場合には医師に相談してみる必要があると言えるのです。

なお、どのような薬にも副作用というものが存在しているものですが、アクアチム軟膏にも例にもれずに副作用が報告されています。

それはかゆみを伴うことがあるという点です。特に赤ニキビが悪化してしまうケースにおいて認められ、アレルギー体質やアトピー性皮膚炎の人にはこの様な傾向が認められるということが分かっています。

いずれにしても医師の処方薬ですので効果が実感できなかったり悪い方に働いているように感じるのであれば早い段階で医師に相談するのが良いでしょう。

そうすることで軌道修正をした治療を行うことができるようになります。

 

 

 - 治療薬

  関連記事

101007_1318~0001
ヨクイニン(ハトムギ成分)内服薬の特徴

肌トラブルに効果があると言われている内服薬のヨクイニンですが、どういった特徴を持 …

minomai
ミノマイシン(抗生物質)の使い方

ミノマイシンは感染症の治療薬として、長い間使われてきた抗生物質のひとつです。 タ …

dhiferin
塗り薬ディフェリンの性質

頭皮は、皮質分泌量が多いため、人によっては常に脂ぎっている方がいます。 毎日髪を …

ruri
ルリッド錠(マクロライド系)の効果

ニキビというものは非常に厄介なもので、できやすい体質の人などはこのニキビのことに …

脂漏性皮膚炎の薬、ニゾラールやステロイドの役割と効果

鼻の周り、胸元、わきの下、太もも、そして頭皮・・・。 なぜここに?というところに …

tarashin
ダラシンTゲル(リンコマイシン系)の使い方

頭皮ニキビは、様々な原因で発生することになります。一般的な原因にはストレスや睡眠 …

rinde
リンデロンVGの頭皮に対する効果について

頭皮ニキビ以外にも効果があるリンデロンVG ニキビで悩んで皮膚科に通う方も多いの …

genta
ゲンタシン(アミノグリコシド系)の使い方

ゲンタシンは、虫さされ・あせも・湿疹などの皮膚病や、ヘルペスなどの皮膚の感染症な …

crinda
内服薬クリンダマイシン(ダラシン)について

多くの女性にとって、肌のトラブルは美容にも大きな影響を与えるため、肌荒れやニキビ …

aldactone
アルダクトンのニキビへの効果

内服薬のアルダクトンAは製品名であり正式な成分名はスピロノラクトンとなるものです …