頭皮ニキビ治療ラボ|皮膚科も奨めるかゆみ炎症の治し方

*

頭皮ニキビを今度こそ治したい

皮にできる出来物のなかでニキビや脂漏性湿疹に悩む方は大勢いらっしゃいます。

ニキビは顔や背中など毛穴が多い箇所にできやすいと言われていますが、実は身体にあると言われる120万個の毛穴のなかで頭が一番数が多い事をご存知でしょうか?

最近では頭皮のケアに対する意識も高まり、毎日いろいろな成分が入っているシャンプーで髪の毛を洗い、しっかりとアブラを落として綺麗にしているはずなのに、かゆみやフケ、ぶり返すニキビは一向に減る気配がありません。

特に女性は頭皮にニキビがあるせいで、美容院へ行けない、好きなカラーリングができないなど深刻な悩みを抱えている方もおり、男性は掻きむしる度に剥けた皮が不潔な印象を与えてしまったり、将来薄毛になってしまうのではないかという不安感を持っているそうです。


頭皮のニキビ、原因は毛穴のつまりと炎症

頭皮の毛穴は、皮膚の構造的につまりや炎症を起こしやすく
「一年中ニキビやかゆみをぶり返しやすい」


のなかで一番毛穴が多く、汗とアブラ(皮脂)分泌が激しい部位。その皮脂が頭皮を刺激しニキビや炎症を起こす。

寒い冬には乾燥により頭皮のバリア機能が減少し刺激に弱くなってしまいます。


頭皮の毛穴をつまらせ、炎症を起こさせる要因ベスト5


薬用シャンプーの弊害:
世間には薬用シャンプーと呼ばれるものが星の数ほどありますが、実際にそれで症状が改善した方はごくわずかです。

れは何故か?自分に合わないシャンプーで間違った使い方をしている場合もありますが、多くは頭皮を洗うだけで地肌に必要な栄養が届いておらず
皮膚のターンオーバーやバリア機能の回復ができていない事が挙げられます。

皮脂:
男性ホルモンが多い方は元々かゆみがでやすい

乾燥:
冬場でも室内や空気の乾燥により頭皮のバリアが崩れている また女性はドライヤーのかけすぎによっても頭皮の潤いが損なわれる

紫外線:
紫外線より皮脂酸化物質が発生。地肌に刺激を与えます。

汗による刺激:
汗をそのままにしておくと細菌が繁殖し強い刺激となります。 ヘルメットや帽子をかぶる方は要注意

ストレス:
過剰なストレスが溜まると皮脂が分泌されやすく頭皮に 溜まりやすくなります

一度ニキビができてしまうと、シャンプーで汚れや刺激物を取り除いても またぶり返してしまいます。

それが「シャンプーしても頭皮ニキビがなかなか治らない…」の正体です
皮膚科治療でも根本となるのは「地肌のスキンケアが大切」と指導されています

上記の要因は複数重なり合って頭皮のニキビやしつこいかゆみは繰り返されます。


頭皮の正しいスキンケアとは?

皮ニキビと並び皮膚科の受診で多いものに脂漏性湿疹、頭皮湿疹と呼ばれるものがありますが、これもニキビ同様毛穴のつまりからくる炎症です。

従って皮膚科の治療でも原因となる汚れや細菌の殺菌と並び 頭皮の保湿を重点的に指導しています。

本来、髪の毛が伸び、皮膚サイクルが活発な頭皮は最も新陳代謝が活発であるはずです。

外部からの刺激にも負けない地肌力を取り戻す事こそ
二度とぶり返す事の無い頭皮ニキビ治療のポイントとなるのです。


市販のニキビケアで頭皮に最適なものの選び方

ラブルを起こし、「硬くなった頭皮」に通常の成分は届かない!

頭皮のトラブルを抱えている方には皮膚科に受信するのが恥ずかしいと市販のクリームや薬を検索している方がおられます。

もちろん顔や背中に使えるものはありますが、頭皮の厚い皮膚にはその成分も十分に届きません。

また、アレルギーなどで逆にトラブルを起こす可能性もありますので使用には注意してください。



乾燥肌が及ぼす頭皮のトラブル

頭皮ニキビができてしまった時には、乾燥を改善するためのケアを行ってみるとよいでしょう。 皮膚にニキビができやすい状態になっていると、脂性が一番の原因として…